マーベル・ファクト・ファイル86号~87号

●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第87号 【2020年3月3日(火)】 今週号のスパイダーマンコンテンツは、クレイブンの息子(次男)、アリョーシャ・クラビノフ。 母親がミュータントのアリョーシャは、さらに野生の中で育んで鍛えた五感も相まって、その戦闘能力は父親のセルゲイを凌ぐ。 父親セルゲイとはほぼ生活を共にしたことがないアリョーシャは父親の過去を探るためにニューヨークへ…

続きを読む

マーベル・ファクト・ファイル83号~85号

●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第85号 【2020年2月18日(火)】 今週号のスパイダーマンコンテンツは、ホライゾン・ラボで行われたピーター・パーカー主催の科学公開実験参加時に不慮の事故で超運動状態であるエネルギー「パーカー粒子」を浴びたアンドリュー・マグワイヤ。 彼は驚くべきパワーを身につけ、やがてスーパーヒーローとなりホライゾン・ラボに雇われアルファと名乗る。 …

続きを読む

マーベル・ファクト・ファイル81号~82号

●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第82号 【2020年1月28日(火)】 今週号のスパイダーマンコンテンツは、初代タランチュラの死後、南米国家デルバディアの独裁政権によって新タランチュラに選出されたルイス・アルヴァレス。 彼はデルバディア陸軍で暗殺部隊のキャプテンとして暗躍していた。 タランチュラ(ルイス・アルヴァレス)の初登場は、 Web Of Spider…

続きを読む

マーベル・ファクト・ファイル79号~80号

●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第80号 【2020年1月14日(火)】 今週号のスパイダーマンコンテンツは、催眠音波発生装置を開発し、ディスコバンドのリードシンガーとして催眠音楽を流し犯罪を繰り返したヒプノ・ハスラー(本名:アントワーヌ・デルソイン)。 ヒプノ・ハスラーの初登場は、 Peter Parker The Spectacular Spider-Man #2…

続きを読む

マーベル・ファクト・ファイル77号~78号

●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第78号 【2019年12月31日(火)】 今週号のスパイダーマンコンテンツは、ミッドタウン高校時代のクラスメイト、カール・キング。 いじめっ子だったカールはピーターが放射能蜘蛛に噛まれてからスパイダーマンになるまでの一部始終を目撃し、さらにその後のピーターの人生を観察し続けた。 そしてカールは自分もスパイダー能力が欲しくなり放射能蜘蛛を食べて…

続きを読む

マーベル・ファクト・ファイル72号~73号

●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第73号 【2019年11月26日(火)】 今週号のスパイダーマンコンテンツは、ドクター・オクトパスがピーター・パーカーの身体を乗っ取り、アメイジング・スパイダーマン以上のスパイダーマンになった、スーペリア・スパイダーマン。 スーペリア・スパイダーマン(vol.1)は1号(2013年3月)~33号(2014年11月)まで連載されました…

続きを読む

マーベル・ファクト・ファイル70号~71号

●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第71号 【2019年11月12日(火)】 今週号のスパイダーマンコンテンツは、スパイダーマンの親友であり同盟を組んでいたニューヨーク市警の警部、ジーン・デウォルフを殺害したシン・イーター。 彼は元ニューヨーク市警の刑事、元SHIELDのエージェントである。 シン・イーター(スタンリー・カーター)の初登場は、 Spectacular…

続きを読む

マーベル・ファクト・ファイル67号〜69号

●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第69号 【2019年10月29日(火)】 今週号のスパイダーマンコンテンツは、グウェン・ステイシーの死、そして自分的には最もリセットしてほしい設定の一つ“Sins Past” 。 Sins Pastとは。 2004年から2005年にかけて行われた6冊によるミニシリーズ。 画像左上より、 Amazing Spider-Man …

続きを読む

マーベル・ファクト・ファイル65号〜66号

●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第66号 【2019年10月8日(火)】 今週号のスパイダーマンコンテンツは、外部からの攻撃に対し本能的にDNAを再コード化し、体のサイズや強度を増大させ適応することができるヘリックス。彼は記憶を失っている。 ヘリックスの初登場は、 Spider-Man: Maximum Clonage Alpha #1(1995年8月号) ペン…

続きを読む

マーベル・ファクト・ファイル63号〜64号

●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第64号 【2019年9月24日(火)】 今週号のスパイダーマンコンテンツは、その長けた身体能力と武器の取り扱いで、南アフリカからニューヨークまでテロリスト活動を展開しているタランチュラ。 タランチュラの初登場は、 Amazing Spider-Man #134(1974年7月号) Cover Artist :John Romit…

続きを読む

マーベル・ファクト・ファイル60号~62号

●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第62号 【2019年9月10日(火)】 今週号のスパイダーマンコンテンツは、マッドサイエンティストな天才的発明家ティンカラー。 彼(フィニアス・メイソン)は自身の犯罪行為の為だけでなく、スパイダーマンの敵にも様々な武器や装置を提供している。 ティンカラーの初登場はかなり古く、 Amazing Spider-Man #2(1963年5…

続きを読む

マーベル・ファクト・ファイル58号~59号

●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第59号 【2019年8月20日(火)】 今週号のスパイダーマンコンテンツは、ピーター・パーカーが初めて恋に堕ちた女性、ベティ・ブラント。 彼女は当時デイリー・ビューグル社でJ・ジョナ・ジェイムソンの秘書をしており、フリーカメラマンのピーターが写真を持ち込む際に出会った。 ベティ・ブラントの初登場は、 Amazing Spider-M…

続きを読む

マーベル・ファクト・ファイル55号~57号

●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第57号 【2019年8月6日(火)】 今週号のスパイダーマンコンテンツは、超人的な能力は持っていないが、肉体は極限まで鍛え上げられており、さらに様々な武術を身に着け、高い知性を持ったプロの暗殺者、フォーリナー。 彼はシルバーセーブルと結婚していた時期もあった。 初登場は、 Peter Parker, The Spectacular …

続きを読む

マーベル・ファクト・ファイル52号~54号

●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第54号 【2019年7月16日(火)】 今週号のスパイダーマンコンテンツは、いじめられっ子の学生だったオリー・オスニックは自らコスチュームを開発・製作して、キッド・オクからスペクタキュラー・スパイダーキッドそして脳で操作できる伸縮自在の腕を持つスーツを作り上げ、スティール・スパイダーへと成長していった。 Amazing Spider…

続きを読む